「シワ」ができるメカニズムと対処法を理解しましょう

images

はじめに

いつまでも「シワ」のない美しい肌でいたいと思いますね?

シワは「表情ジワ」と「乾燥ジワ」の大きく2種類に分ける事ができます。

「表情ジワ」と「乾燥ジワ」は、それぞれの特徴が異なり、シワができてしまうそのメカニズムや対処する方法も違います。

「シワ」はどのようにしてできるのでしょう?
そして、どのように対処していけば良いのでしょうか?

気になる「シワ」の、その特徴に迫りたいと思います!

■:表情ジワ

images

目尻、眉間、ほうれい線、額などにできる「シワ」です。
若い頃は、表情が作ったときにだけ「シワ」ができますが、年齢を重ねるごとに、コラーゲンが減少するなどして、無表情なときにでも「シワ」が残るようになりできるのが「表情ジワ」です!

【メカニズム】
●年齢を重ねるごとに減少していくコラーゲンによるもの。
●毎日の中で繰り返される表情のクセが定着することによるもの。
●ストレスから眉間にシワがよることを考えると、ストレスも間接的な要因と考えられます。

【対処方法】
●同じ表情をキープせず、表情のクセをなくすことが有効です。
●表情筋を動かすことによって、表情筋の老化を防ぐことができます。
●ハリや弾力がUPするような基礎化粧品での保湿ケアをしましょう。
●コラーゲンなどの有効成分配合の基礎化粧品を選びましょう。

■:乾燥ジワ

images

「乾燥ジワ」には、「表皮性ジワ」と「真皮性ジワ」の2種類に分けることができます。

1):表皮性ジワ(ちりめんジワ)

肌表面に浅くて細かい「シワ」であることから「ちりめんジワ」と呼ばれています、
ひとつひとつは小さな細かいし「シワ」ですが、「ちりめんジワ」が増えて、「シワ」同士が重なる事によって、深く濃い「シワ」に変化してしまいます!
目の下や目尻など、目の周りにできやすい「シワ」です。

【メカニズム】
●お肌の代謝や保湿力の低下によるもの。
●お肌の乾燥や、紫外線によるダメージによるもの。

【対処方法】
●肌表面の乾燥を改善する事が重要ですので、しっかりと保湿ケアをしましょう。
●ヒアルロン酸などの有効成分配合の基礎化粧品を選びましょう。

2):真皮性ジワ(小ジワ、紫外線シワ)

コラーゲンなど、潤いやハリ、弾力を保つ成分が減少してできる深い「シワ」の事で、年齢を重ねるごとに、目尻らや額にできやすい「シワ」です!
紫外線が主な原因とされています。

【メカニズム】
●これまで浴びた紫外線が蓄積されて、ダメージの表面化によるもの。
●紫外線がお肌の真皮層のコラーゲンを破壊して、お肌のハリや弾力が低下する事によって深いシワができます。

【対処方法】
●1年を通して、日焼け止めを塗るなどの紫外線対策を徹底しましょう。
●すでに浴びてしまった紫外線に、抗酸化作用のある基礎化粧品で、しっかりと保湿ケアをしましょう。
●コエンザイムQ10などの有効成分配合の基礎化粧品を選びましょう。

まとめ

images

いかがでしたか?

さまざまな要因がシワの原因となるようですが、美肌を保つためには、日々の心がけが不可欠のようです。

シワの数や入り方でも随分と印象は違うものです!

毎日の心がけで、美しく年を重ねていきましょう♪

スポンサーリンク