あなたのまつ毛、いたわっていますか?


女性なら髪のダメージケアには特に気をつかい、ドライヤーからブラシ、ヘアケア製品にいたるまでこだわりケアしているのではないでしょうか?髪の毛はそれほど人の目に触れる機会も多く、また痛みが手触りや見た目からわかりやすいので注意を払うことが多いです。
一方、同じ「毛」でも、まつ毛に対してはどうでしょうか?ダメージに気をつかっていますか?むしろ毎日アイメイクやマツエク、クレンジング等でダメージを与えっぱなしではないでしょうか。このダメージ蓄積は想像以上にまつ毛に負担をかけています。

●まつ毛の悩みランキングはこれ

まつ毛に対する悩みをランキング形式にしてみると

① まつ毛が少ない
② まつ毛が短い
③ まつ毛が抜けやすい
④ まつ毛にハリやコシがない

などが上位にきます。多くの女性がまつ毛は目元を魅力的に大きく見せるための武器だと思っているからこそのお悩みかなぁという気がします。
一方で、この悩みに対して何かお手入れをしているのかという疑問です。まつ毛の本数や長さには個人差があり、おおよそ上まつげで8~12mm、下まつげで6~8mm程度の長さになります。しかし上記のお悩みを克服すべく、マツエクやつけまつげ、マスカラなどを多用しより大きく立体的な目元を作ることで、通常以上にまつ毛が少なく、短く、抜けやすくなっている女性が多くなっているそうです。

●まつ毛に対してやっていけないこと

ではどのようなことがまつ毛の負担となっているのでしょうか。

・ビューラーなどで引っ張りすぎている
・アイライン、つけまつ毛、エクステの接着剤で毛や毛包に負担をかけている
・エクステを長期間つけている

これは知らず知らずのうちに現代女性がまつ毛に負担をかけている原因です。この他にもメイクが充分に落ちきっておらず毛根を塞いでいる、またマイボーム腺という皮脂腺を詰まらせて眼病(ものもらい)などになることも。本来まつ毛とは目を守るもの。目を守るという目的以外のために酷使するよう生えてきていないわけです。そのため一番自然なままでいることが大切であり、もしダメージを与えてしまった場合にはすばやくケアしてあげることをこころがけなければなりません。

●自分のまつ毛が一番といえるために

まつ毛ダメージが日常化してくると、抜ける、切れる、生えにくくなる・・・と、その深刻度は増してしまいます。またマツエクやつけまつ毛は自分のまつ毛が元気でなければうまくいきませんね。目とは体の中でも特に守らなければならない場所。そのまつ毛の役割を考えながら、安全、安心なメイクを行ってください。
化粧品を選ぶ際は目元に安心なもの。刺激の少ないもの。粘膜を傷つけないこと。また最近ではまつ毛美容液やまつ毛をケアしながらクレンジングしてくれる優れものまであります。休日はまつ毛を休ませるためにもノーメイクデーを作ったり、周期的にマツエクはお休みしてナチュラルメイクで過ごしたり。人間と同じでお休みがあるから普段元気でいられます。ぜひ実践してみてください。

あなたのまつ毛、いたわっていますか?
この記事をお届けした
IroNeta [イロネタ]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク