おせち料理のそれぞれの一品に込められた願いとは?

images

お正月に「おせち料理」は欠かせませんね。

おせち料理に並ぶお馴染みの料理にはそれぞれに意味が込められています。

おせち料理に込められた願いとは?

images

■:紅白蒲鉾

紅はめでたく、白は神聖なものとされ、紅白は祝いの色として、二色のかまぼこは、お正月には必要な料理です。

■:伊達巻

伊達者(シャレ者)の着ていた着物に、江戸時代の長崎に伝わった「カステラ蒲鉾」が似ていることからこの名前が付けられました。
大切な文書は絵を巻物にしていた歴史から、おせち料理には、たくさんの巻いた料理があります。

■:錦玉子

黄色と白を金と銀の二色に例えられ、正月の祝いを華やかなものにしてくれます。

■:栗きんとん

栗は「勝ち栗」と呼ばれ縁起が良い食べものとされてきました。
栗きんとんを黄金に輝く財宝に例え、1年を豊かに過ごすための料理として愛されてきました。

■:黒豆

豆には「丈夫」「健康」という意味があり、「まめに働く」という語呂合わせもある事から、お正月に欠かせない料理のひとつです。

■:昆布巻き

日本料理には欠かせない昆布真希には「健康長寿」を願う縁起料理です。
また「喜ぶ」という言葉にかけられています。

■:田作り

小魚を肥料として撒いていたことから五穀豊穣を願い付けられた名前です。
小魚といえど尾頭が付いているこの料理は全国で縁起物として愛されています。

■:数の子

多くの子を残すニシンの卵である数の子は子孫繁栄を願う、おせちには定番の一品といえます。

■:小肌栗漬

出世魚で縁起が良い魚として知られている小肌を使い、将来の出世を願います。
栗と合わせて五穀豊穣を願います。

■:海老

長い髭を生やし腰が曲がったような姿から、長生きの象徴とされ長寿を願う食材として、おせち料理には欠かせません。

まとめ

images

華やかにお重に入れられた「おせち料理」は冬のご馳走です。

ひとつひとつに込められた願いを理解する事で、また味わいも変わってきそうですね。

おせち料理のそれぞれの一品に込められた願いとは?
この記事をお届けした
IroNeta [イロネタ]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク