ID:1032458

つけまつげトラブル多発中!まつ毛が生えてこなくなる?!

最近では年齢問わず手軽につけられる美用品として出回っているつけまつげ。安いものでは100円のものから数千円のものまで、またキラキラした石がついていたり華やかな色であったり。毎日気分によってつけかえているという人も多いはず。
しかしこの手軽さこそ大きな罠。知識不足で使い続けると将来的に取り返しのつかないトラブルに見舞われるかもしれません。美意識は高く、まつ毛は長くを目標にいつまでも美しくいられる女性のための豆知識です。

●一番知りたくなかったまぶたのたるみ

まつ毛は当然ながら上まぶたと下まぶたの毛根から生えています。このまぶたの毛根がまつ毛を支えていますね。このまつ毛の隙間にマツエクやつけまつげをするわけですが、あまりに重さがあったり本数が多いとまぶたがその重みからたるんできてしまう可能性があります。通常は加齢によってだんだんとまぶたがゆるんでくるのですが、最近では若い人にも時折みられるようになってきたというから要注意!!まつ毛をつける時は負担にならない重さを意識してみて!

●まぶたのかぶれ

これはよく聞く話ですが、マツエクなどを付着する際に使用するグルー(接着剤)の種類によってはまぶたにかぶれや炎症を起こすことも。かゆいな、おかしいなと思ったら即使用をやめてください。グルーにも種類がありますので、自分にあったグルーを探すのも手。ただ、グルーは接着剤。肌に決していいものではないので、できれば使わないほうがいいです。毎日つけているという人はたまにお休み期間を設けるなど工夫して。

●オフする時の抜け毛に注意

つけまつげを外す時、自分のまつ毛も一緒に抜けるという経験はありませんか?まつ毛にも毛周期というものがあり自然に抜けることはありますが、それとは別に「抜けやすい」「短い」などのダメージにより抜けていれば自まつ毛が薄くなってしまうことも。本数が減ってスカスカではマツエクやつけまつげすらできなくなる可能性があります。まずはオフする時はやさしく、ゆっくり。無理やりとらずに、が基本です。自分のまつ毛が元気でなければ意味がありませんので、ちょっと疲れているかな?と思った時はお休みの日をもうけてみてください。

●不潔な場所にしたら大変!目元は清潔に

マツエクやつけまつげで心配なのはメイク残り。できるだけ抜け毛がないように、接着剤が落ちないようにとやさしくクレンジングをするあまり、メイク汚れが残ってしまい、それが引き金となって眼病や炎症を起こす例も少なくありません。顕微鏡で見てみると落ち切れていない汚れがびっしり!なんてことも。それを餌にしている「まつ毛ダニ」が住み着いてしまい、かゆみや脱毛の原因になることもあるそう。できれば専用のクレンジングやポイントメイクリムーバーで確実にメイク汚れを残さないことがおすすめです。またまつ毛の根本のマイボーム腺という皮脂腺を塞いでしまうとドライアイやものもらいなど、見た目的にも美しくない状態になります。

美しくなるために行うことも、一歩間違えば大変なトラブルにつながってしまいますね。自分にあった正しい方法でケアして輝いてみてください。