トウガラシの栄養効果が気になります。

images

料理にピリリとした辛味のアクセントを効かせてくれる「トウガラシ(唐辛子)」は、蕃椒(ばんしょう)という名前の生薬としても用いられています。

辛味が特徴的なトウガラシですが、意外にも多くの栄養を含んでいます。

トウガラシといえばカプサイシン

images

■:ダイエット効果

トウガラシの辛味成分であるカプサイシンは、アドレナリンやホルモンの分泌を盛んにします。

アドレナリンの分泌が盛んになることで、代謝が上がり発汗して、脂肪燃焼も盛んになります。

■:便秘改善効果

適度に取り入れる事で腸を程よく刺激して便秘改善効果にも役立ちます。

身体を温める効果もあるので冷えを改善して腸内環境を整えます。

■:取り入れすぎに注意

刺激が強い成分ですので、取り入れすぎると胃腸が荒れてしまいます。

食べ過ぎなければ、体内の消化酵素やあらゆる循環を活発にして良い効果をもたらします。

トウガラシは緑黄色野菜です

images

■:嬉しい栄養効果

強い抗酸化力のあるβカロテンやビタミンEが含まれているので、免疫力の向上やエイジング効果も期待できます。

風邪予防や美肌効果のあるビタミンCも豊富です。

■:主な栄養素

●ビタミンA

●ビタミンE

●ビタミンB2

●βカロテン

●カリウム

●鉄分

●カプサイシン

まとめ

トウガラシは食べ過ぎなければ、嬉しい効果がたくさんあり、体内の働きを活発にしてくれます。

身体を温めてくれる効果もあるので、芯から冷えてしまいがちな冬に積極的に取り入れたいですね。

トウガラシの栄養効果が気になります。
この記事をお届けした
IroNeta [イロネタ]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク