プラセンタエキス原液100%は効果のあるものを使うべし!

夏本番。紫外線の強い季節の必須アイテムとして取り入れている女性も多い「プラセンタエキス原液」。プラセンタとは胎盤のことで、このプラセンタエキスは保湿をはじめ、美白やエイジングケア成分が凝縮されており、1本で様々な恩恵が受けられるものです。

  • プラセンタエキス原液100%とは?

そもそも100%という場合、プラセンタが100%だと勘違いしてしまいがちですが、これはしっかり表示名称を確認することが大切です。100%と言うことに対する規定はありませんので、100%の内訳に保湿成分や美容成分、水や保存料が入っていることがほとんど。そもそも液体である時点で「水」が入っていることは明白なのですが、ついつい「プラセンタ以外に何か入っているじゃない!」と思ってしまうことも。この「水」も、水で薄めている場合と、単純にプラセンタを抽出する過程で発生する溶媒の可能性もあります。まずはメーカーの提供する「抽出方法」で確認してください。

  • プラセンタエキス原液は抽出方法をチェック

プラセンタエキスを抽出する方法としては、胎盤から有効成分を水で抽出する方法の他に、水を一切使わない酵素分解法や凍結酵素抽出法などあり、やはり水で抽出するよりも濃度の高い高品質のプラセンタエキスが抽出できます。また、低温加熱で成分を壊すことなく高濃度のプラセンタを抽出するなど、その抽出方法によっても商品価格が違ってきています。

  • おすすめのプラセンタエキス原液

化粧品は広告や価格、クチコミで購入する人も多いと思いますが、プラセンタエキス原液の場合注目するべきところは価格と抽出方法。豚や馬のプラセンタが主に使われていますが、例えば「国産プラセンタ」とうたっていても、実際は日本の豚や馬のプラセンタを海外で加工したりすることでコストカットしている会社もあります。これは実際化粧品会社に確認しなければわからないことなので、広告を鵜呑みにするのは危険。胎盤は新鮮なものを使っていることが大切で、また抽出方法も安全・安心を選択するべき。また、プラセンタエキス原液といっても、他の原料(保湿、防腐剤)などを入れることでコストカットしていることも。本当にプラセンタエキスの恩恵を受けたければ、プラセンタのほかには水や防腐剤と表示名称の少ないものをおすすめします。

また、価格が異常に安い商品は中身もそれなり。プラセンタは1つの胎盤から少量しか抽出できません。手間隙かかるのでそれなりのコストがかかるはず。通常の化粧品に1、2滴ほどしか入っていないプラセンタエキス原液を、そのまま瓶で提供するとなるとそれなりの価格がするのは当然と思ってください。

  • 自分の目で品質の確認を

プラセンタエキス原液100%は数多く出回っていますが、安さや広告、クチコミにつられて購入することは避けたほうが無難です。結局はプラセンタエキスのエイジングケア成分や美白、保湿の恩恵はそれなりになってしまいます。しっかりとした品質と濃度を押し出した、高くとも効果絶大なプラセンタエキスを使ったほうが何十倍もの効果があるでしょう。

安物買いの銭失いにならないよう、自分の目で品質重視を心がけましょう。

スポンサーリンク