乾燥しょうがで冷え知らず♪ぽかぽかで冬をすごそう。

images

乾燥しょうがには、身体を内側から温めてくれる効果があります。

冷え対策にしょうが料理を意識的に取り入れている美意識女子は多いのではないでしょうか?

しかし、生のままでしょうがを食べても「冷え」を改善する効果はほとんどないのだとか。

寒い冬を温かく過ごすために、乾燥しょうがを取り入れましょう。

乾燥しょうがで冷え知らず

images

食べ方によって効果効能が変わると言われるしょうがは、漢方の世界でも生のしょうがと乾燥のしょうがを用途によって使い分け、冷え性の治療では乾燥しょうがを使用します。

■:乾燥しょうがで身体の内側から温まろう

乾燥しょうがにすることで、しょうがに含まれるジンゲロールという成分の一部が、ショウガオールという成分に変化します。

ショウガオールは血液の循環を高め、身体の内側から手足の先まで温めます。

冷え性を改善するなら、生のしょうがではなく、乾燥しょうがを選ぶ方が断然高い効果が期待できます。

■:乾燥しょうがを手作りしよう

乾燥しょうがは家庭でも簡単に作ることができます。

皮のまま2mm程度に薄くスライスしましょう。

重ならないように並べて2日ほど天日干しします。

しっかりしょうがが乾燥したらミキサーにかけてパウダー状にします。

まとめ

images

乾燥しょうがは、スープやお茶などに加える事で手軽に取り入れる事ができます。

朝一番や寝る前に取り入れる事によって、冬でも身体のお内側からぽかぽかの冷え知らずで寒い冬を過ごせてしまいます。

さっそく取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク