乾燥肌が気になる季節だからこそ食生活が大切です。

images

冬は寒さと同時に乾燥が進み、肌にも影響してしまう季節です。

空気が乾燥する冬だけ「乾燥肌」となってしまう方も少ないでしょう。

室内を加湿したり保湿化粧品を使うなど、気を配っていてもなかなか改善がみられにくいものです。

外的アプローチだけでなく、肌が内側から潤うような食生活で、肌の内側からも同時にアプローチ行うと良いでしょう。

どのような栄養素を摂れば効果が見られやすくなるのかご紹介します。

乾燥肌改善のために摂りたい栄養素

images

■:たんぱく質

肌細胞はたんぱく質でできています。

みずみずしい肌を保つためには必要不可欠な栄養素です。

肉類、魚類、卵、乳製品、大豆製品などに含まれています。

■:亜鉛

新陳代謝を促進してコラーゲン生成を助けます。

牛肉、豚肉、納豆、牡蠣などに含まれています。

■:ビタミンA

新陳代謝を高めて、肌の乾燥を防ぐ効果があります。

緑黄色野菜、うなぎなどにに含まれています。

■:ビタミンB2

肌細胞の新陳代謝を促す効果があります。

緑黄色野菜、納豆、卵、牛乳などに含まれています。

■:ビタミンB6

肌の主成分であるたんぱく質の合成をサポートします。

穀類、レバー、卵、肉、魚、緑黄色野菜などに含まれています。

■:ビタミンC

コラーゲン生成を助け、ハリや弾力を引き出し、美肌へと導きます。

シワやシミ、そばかすを予防するなど美肌には欠かせません。

柑橘類、緑黄色野菜、いも類などに含まれています。

■:ビタミンE

抗酸化力で、シミやシワを防ぎます。

血行促進によって肌が活性化されて肌が潤います。

魚類、ナッツ類、植物油などに含まれています。

■:ヒアルロン酸

保湿力が非常に高い成分なので、積極的に取り入れたい栄養素です。

オクラ、納豆、山芋などに含まれています。

■:セラミド

肌の水分を保ち、蒸発を防いで乾燥から肌を守る効果があります。

こんにゃくなどに含まれています。

■:コエンザイムQ10

肌の内側から乾燥を防ぎ、シミやシワを防ぎます。

豚肉、牛肉、大豆製品などに含まれています。

まとめ

images

肌が乾燥すると“保湿ケア”ばかりに力が入りがちです。

もちろん、室内を加湿したり肌を保湿することも、乾燥肌対策として必要な事ですが、それだけとは万全とはいえません。

日々の生活習慣こそ、肌の土台を作っています。

食生活を大切にする他、良質な睡眠をとること、湯船に浸かる入浴、軽い運動、リラックスした時間なども美肌作りと関係します。

生活習慣を見直して、乾燥に負けない肌を手に入れましょう。

乾燥肌が気になる季節だからこそ食生活が大切です。
この記事をお届けした
IroNeta [イロネタ]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク