亜麻仁油を上手に食事に取り入れよう♪

images

病気をしないためにも、日々の生活で取り入れる油が良質である事が重要です。

今、注目を集めている亜麻仁油とはどのようなオイルなのでしょう?

さっそくご紹介していきます。

■:そもそも亜麻仁油とは?

images

亜麻仁油は、古代エジプト時代から受け継がれ、その薬効は古くから知られ、長い年月愛され続けてきました。

体内で合成されない必須脂肪酸には、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸があります。

残念ながら私たちの食生活では、オメガ3脂肪酸がほとんど摂れていない方が多いのが現状です。

亜麻仁油は、オメガ3脂肪酸を豊富に含みます。

成熟した亜麻の種子から抽出される、黄色っぽいオイルです。

■:亜麻仁油の魅力とは?

亜麻の種子は、とても強い抗酸化力を持ち、老化防止など女性に嬉しい効果をもたらします。

オメガ-3である「α-リノレン酸」が豊富に含まれ、青魚と同じ成分のDHAを含むことで注目を集めています。

他にも、脂肪を分解する消化酵素の「リパーゼ」や、強力な抗がん物質に変化するポリフェノールの一種「リグナン」、水溶性と不溶性の両方の「食物繊維」を含み便通を良くしたり、コレステロール値の改善をサポートしてくれます。

亜麻仁油に含まれるオメガ3脂肪酸は、心臓や血管などの細胞膜を柔軟にして、血液循環をスムーズにする効果があります。

■:どのようにして食べる?

味噌汁や納豆、冷奴にかけて食べたり、ドレッシングにして食べるようにしましょう。

酸化しやすいので、食べる直前にスプーン1杯を目安に加えると、栄養効果を感じられるでしょう。

まとめ

images

なサラダ油や、マーガリン、ショートニングなどは、「トランス脂肪酸」と呼ばれる本来自然界に存在しない脂肪酸が含まれているため、摂取しすぎると体のあらゆるところに障害が出てしまうとされています。

日々の生活の中でどのような油を食べているか再度確認して、健康のためにも良質なオイルを取り入れる事を意識していきたいですね。

スポンサーリンク