人気のオフショルで苦戦しないために

さり気なくデコルテを見せるオフショルコーデは女性らしさを演出できるので男ウケも抜群。デートや合コンなどでも是非活用したいアイテムです。


出典: https://www.jgs-media.com/

夏と言えばオフショル!というくらい定番化してきておりますが、その着こなし方が意外と難解なようで、せっかく購入したもののタンスの肥やしになってしまっている…という方も少なくないようです。

そこで今回は、大人気のオフショルコーデで苦戦しないために、お悩み別の解決法をご紹介します。

肩の部分が上がってくる

オフショルのお悩みで1番多いのが、動いていると肩の部分が上がってきてしまうということ。
腕を上げたり下げたりしていて上がってくるのであればまだ我慢はできますが、日常生活の動きで上がってきてしまうものはなるべく選びたくないものです。

オフショルを選ぶ際に重要なのは、自分の肩幅に合っているものを選ぶこと。
肩の部分がゴムになっている場合はきつすぎると上に上がりやすくなるため、肩幅に合わせてゴムを伸ばしてから着るのがおすすめです。
また、ニットなどの重めの素材や、肩の部分の裏地に滑り止めがついているオフショルは比較的ズレを抑えることができます。

最近では、動き回ってもズレる心配のないストラップ付のオフショルや、袖とボディの部分が分かれているオフショルも登場しているので、心配な方はズレにくいタイプのデザインを選ぶのが良いかもしれませんね。ストラップ付は通常のオフショルよりも露出を抑えることもできるので、露出が苦手という方でも挑戦しやすいのではないでしょうか。

インナーの選び方が分からない

オフショルを初めて挑戦する方の中には、ブラ紐をどう処理したら良いかお悩みの方も多いはず。
ブラ紐を透明ストラップに変えるという方法もありますが、オフショルを着る際は肩紐のないパンドゥブラか、カップ付きのベアトップがおすすめです。

下品に見えそう

オフショルは肩が出ているデザインなので普段より露出度が高くなります。
そのため、普段露出度の高い服をあまり着ないという方の中には、下品に見えそうでなかなか踏み出せずにいるという方も多いようです。そんなお悩みを解決してくれるのがボトムスの選び方。

スキニーやワイドパンツ、マキシスカートなどの足がでないボトムスを選ぶことにより露出感を抑えることができるので、いやらしく見える心配はなくなります。


出典:https://ponte.jpn.com/

オフショルのお悩みは解決できましたでしょうか?
今年の夏こそトレンドのオフショルコーデを着こなし、ファッションの幅を広げましょう♪

人気のオフショルで苦戦しないために
この記事をお届けした
IroNeta [イロネタ]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク