冬の乾燥から肌を守るには食生活が重要

images

冬の空気は乾燥しており、カサカサ乾燥肌に悩んでしまう方が増えてしまう季節です。

毎日の食事は私たちの肌とも深く関係しています。

どのような食事を心がければお肌を乾燥から守ることが出来るのでしょうか。

お肌が潤う食材を調査してみました。

■:東洋医学の考え方=白い食材

images

東洋医学では白い食材は身体に潤いを与えるものとして考えられてきました。

白い食材を積極的に取り入れる事で乾燥肌に立ち向かいます。

例を挙げるなら、白ごまや大豆、山芋や牛乳、白菜、蓮根、カリフラワーなどです。

images

乾燥肌に良いとされる栄養素が豊富に含まれた食べものを積極的に食べましょう。

■:ビタミンA

新陳代謝を活発にして、皮膚や粘膜の潤いを保ちます。

・多く含まれる食べもの

レバー、うなぎ、青魚、乳製品、卵、海藻類など。

■:ビタミンB

新陳代謝を活発にして、乾燥が原因で起こる炎症を抑制します。

・多く含まれる食べもの

レバー、豚肉、卵、大豆食品など。

■:ビタミンC

コラーゲンの生成を助け乾燥から守ります。抗酸化力で炎症やダメージを鎮めます。

・多く含まれる食べもの

ピーマンや柑橘類をはじめとする野菜や果物など。

■:ビタミンE

血行促進して、新陳代謝を活発にします。老化からお肌を守ります。

・多く含まれる食べもの

ごま、ナッツ類、大豆食品、アボカドなど。

■:セラミド

刺激からお肌を守り、角質層の水分を保持します。

・多く含まれる食べもの

こんにゃく、豆類、ひじき、わかめなど。

■:a-リノレン酸

細胞膜を作る原料となります。

・多く含まれる食べもの

アマニ油、えごま油、魚油など。

■:亜鉛

細胞分裂に必要な酵素の働きを助けます。

・多く含まれる食べもの

牡蠣、赤身肉、卵黄、たらこ、タラバガニなど。

まとめ

images

いかがでしたか?

お肌に潤いを与える、乾燥肌に効果的とされる食べものは身近にたくさんあるようです。

毎日の食生活に気をつけてお肌を乾燥から守りましょう♪

しっかりと保湿ケアすることも忘れずに行いましょう。

スポンサーリンク