冬の粉ふき肌にもう悩まない対処法とは?

images

冬の空気はお肌を乾燥させて、カサカサにしてしまいます。

乾燥肌が進んでしまうと、化粧ノリも悪く、粉ふき肌へとなってしまいます。

粉ふき肌の上にメイクを重ねてもキレイに化粧がのらず、返ってお肌のカサカサが目立ってしまいますよね?

そんな状態で学校や職場になんか行ったら恥ずかしくてしょうがないです。

冬の粉ふき肌を乗り切る秘策をご紹介したいと思います。

images

■:ピーリングでなめらか肌へ

粉をふいてしまったお肌は、優しくピーリングする事で、カサカサごわごわの原因となっている角質が皮膚から剥がれ落ちます。

粉ふき肌の上から保湿をしても、なかなかお肌に保湿成分が浸透してくれません。

定期的なピーリングをすることでお肌をリセットしてくれます。

ピーリングを行う際には、使用頻度を守り、やりすぎや力の入れすぎには注意しましょう。

適度なピーリングは効果的な対処法と言えますが、過度なケアは角質層を薄くしすぎてしまい乾燥肌を悪化させてしまう恐れがあります。

■:何よりも保湿が重要です

粉ふき肌の原因は何よりも乾燥ですから、しっかりと保湿することが重要です。

スキンケアの1番最初に、美容オイルを数滴お肌に馴染ませてから、化粧水や乳液などの保湿ケアをすることで美容オイルがブースターの役割りを果たしてくれます。

美容液やクリームを塗ったあとの仕上げにも美容オイル数滴で蓋をすると潤いが持続します。

■:ファンデーションに美容オイルをプラス

メイクアップする際に使用するリキッドファンデーションやクリームファンデーションに美容オイルを数滴混ぜて使用することで、日中の乾燥から守ってくれます。

化粧のりも良くなり、少量の化粧品でメイクできるのも嬉しいですね♪

■:日中も油断しません

乾燥肌が進行すると出掛けるときは保湿できていても、日中になると乾燥が進んでいる事があると思います。

ミストタイプの化粧水を持ち歩きこまめに吹きかけると良いでしょう。

それでも気になる方は、乳液を気になる部分に馴染ませても良いでしょう。

仕上げに手の平をお肌に密着させて温める事で、保湿成分が浸透していきますので、忘れず行うことも重要です。

まとめ

images

あなたのお肌は大丈夫でしょうか?

冬の保湿ケアや乾燥を甘く見ていると、気がつくとシワが増えていたなんて事になりかねません。

丁寧な保湿ケアが冬の乾燥に負けない、なめらかな陶器肌を作り出します♪

スポンサーリンク