古くから愛される「くず湯」は本来、薬として親しまれてきました。

images

古くから愛されてきた葛(くず)は、漢方の原料でもあり、さまざまな薬効があることで知られています。

寒い冬に飲むと体が温まる「くず湯」にどのような効能があるのかご紹介したいと思います。

  

葛湯の効能とは?

images

■:血液を浄化

葛は血行促進することで知られています。

葛湯を飲むとぽかぽか温まるのは、血管が拡張されているからです。

ホルモンの補助をして、血液を浄化します。

  

■:免疫力アップ

コレステロール値を正常に保つ効果があります。

また、炎症の改善にも効果があり、免疫力が弱っていると感じたときは取り入れると良いでしょう。

■:自律神経を整える

自律神経は体内のあらゆる器官をコントロールします。

自律神経が整うと全身の機能向上に繋がります。

  

■:老化防止

代謝が上がり、老化を引き起こす体内の活性酸素や老廃物を処理します。

  

■:鎮痛効果

血液が循環して酸素が取り込まれることで、鎮痛効果を発揮します。

  

まとめ

images

日本では、古来より薬という扱いで親しまれてきました。

体内を浄化する作用がとても強いので、定期的に取り入れる生活を心がけたいですね。

  

スポンサーリンク