女性も必見!?薄毛とタバコの関係性

タバコは健康を害したり、肌荒れを引き起こしたり、美容や健康に悪影響を与える事から、禁煙を始めた方も多いことと思います。

また、なかなか禁煙できず・・・なんて方もいるでしょう。

喫煙を続けると、ガンになる確率も高まり、様々な病気に繋がるだけでなく、薄毛の原因となることも分かってきました。

今回は薄毛とタバコの関係性に迫ってみました。

images

興奮作用によって汗や皮脂が過剰分泌してしまう!

中枢神経や自律神経を興奮させる働きがあり、発汗や皮脂分泌を促進します。
それによって、頭皮では汗や皮脂が毛穴につまるなどして、不潔になり菌が繁殖したりして、薄毛や抜け毛の原因となってしまいます。

毛母細胞に血液が届きにくくなってしまう!

血管が収縮してしまうので、血流が低下して体温が下がってしまいます。
血流が悪くなると毛母細胞にも血液が十分に届きにくくなり、頭皮に必要な栄養や酸素が不足してしまいます。

まとめ

images

喫煙を続けると、せっかく食事で摂取した栄養も減少するなどして、様々な病気になるリスクも高まります。

タバコを吸い続ける人の多くはニコチン中毒と言われています。

止めたくてもなかなか止めることの難しいタバコですが、年を重ねても若々しいふさふさの髪の毛を維持するためにも、もう一度禁煙を見直してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク