岩盤浴とサウナでのダイエットは効果なし?

発汗作用がある岩盤浴とサウナ。どちらも大量の汗をかくのでダイエットを目的として通っている方も多いかと思います。
しかし、汗をかいた分の体重が減ることはありますが、それは一時的なものにすぎません。水分を摂ればすぐに戻ってしまいます。岩盤浴やサウナに行っただけではカロリーはほとんど消費されません。体内の脂肪は殆ど減らないのでダイエットとしての効果は薄いのです。


出典: http://nspark.jp/

ではどのような効果が期待できるのか? また、それぞれ効果の違いはあるのでしょうか?
まずはそれぞれの特徴から見ていきましょう。

●岩盤浴
・温度…40℃~50℃
・汗をかき始めるまでの時間…30分~
・温まり方…身体の内側から
・汗…皮脂腺から出る汗・サラサラしている

●サウナ
・温度…80℃~100℃
・汗をかき始めるまでの時間…10分~
・温まり方…身体の外側から
・汗…汗腺から出る汗・ベタベタしている

比較してみると、意外に違いが多いことがわかります。

岩盤浴は身体の内側からじっくり温めていくので、普段は開いていない皮脂腺を開き、サラサラとした汗をかくことが出来ます。この汗は体内に蓄積されている老廃物と一緒になって排出されるため、新陳代謝が良くなりデトックス効果が期待できます。デトックス効果は冷え性やむくみの改善など女性に嬉しい効果をもたらします。
また、岩盤浴は心の安らぎを得られるため、リラックスしたいときややストレス解消にも良いと言われています。

一方、サウナは外側から急速に身体を温めていくので、汗腺からベタベタした汗をかきます。
この汗には必要のない塩分やミネラルが含まれており、毛穴が洗浄されるため美肌効果が期待できます。血行を促進する働きもあるので健康的にも良く、サウナを出た後は身体が軽く感じることも。
また、サウナの後に冷たい水風呂に入ることで毛穴の引き締めにも効果的です。
とにかく暑いサウナは体力も必要とされるため、女性や高齢の方にはあまり向かないかもしれません。しかし、適度に疲労感を感じることができるので、夜はぐっすり眠ることができるのではないでしょうか。

どちらもダイエットに直接的な効果はありませんが、岩盤浴は代謝が良くなり、サウナは血行を促進する働きがあるので、通い続けることで次第に太りにくい身体にしていくことは可能です。
ダイエットとして以外にも、美容や健康の面で嬉しい効果が得られますので、目的に合わせて岩盤浴やサウナを取り入れてみてはいかがでしょうか。

岩盤浴とサウナでのダイエットは効果なし?
この記事をお届けした
IroNeta [イロネタ]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク