怒ってばかりいるとどんどん不健康になり老けてブスになってしまう!?

images

怒ると健康に良くないと聞きますが、実際はどうなのでしょうか?

慌しく毎日を過ごし、年末に向けて更に大忙しとなるこの季節はついイライラしがちです。

一度怒りが爆発してしまうと、イライラが持続してしまい、本来の自分の調子に戻るのに時間がかかってしまいますよね。

怒りのパワーは、身体を傷つけてしまう事が科学的にも明らかになっているんです。

イライラしてしまったり、怒ってばかりいると、どんな風に身体に影響するのでしょう。

images

■:腸内環境が乱れる

イライラしたり、怒っているときは交感神経が優位になっています。

腸内環境はリラックスしている副交感神経が優位なときに活発になります。

不機嫌な状態が続くと、腸内環境が乱れ、便秘しやすくなってしまいます。

腸内環境は美肌とも深く関係していますので、怒りやすいとニキビなどの肌トラブルも出やすくなります。

■:血液ドロドロ

激しく怒った前と後の細胞を比べると全く別のものに変化している事が分かります。

怒ったあとの血液は色もにごり、粘り気が増え、ドロドロの状態へと変わってしまいます。

激怒してしまうと交感神経によって血圧が急上昇し、動脈硬化になる恐れも出てきます。

■:精神不安定

ドーパミンやアドレナリンが過剰に分泌された興奮状態が続く事で、神経細胞が感知して、分泌を止めます。

やる気や集中力とも深く関係しているのにも関わらず、必要なときに分泌されないようになってしまいます。

激しく怒るくせがあると、集中力が低下して、やる気も起きず、うつ病の症状が出てしまいます。

■:免疫力の低下

免疫力を司っているともいえる白血球は自律神経がコントロールしています。

怒りっぽいと免疫力が低下して風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまいます。

反対に副交感神経が過剰な場合、アトピーや花粉症などのアレルギー疾患にかかりやすくなると言われています。

精神の安定は免疫力に深く関係しています。

■:錆びて老化が進行

イライラ怒りっぽいと大量の活性酸素を発生し続けます。

活性酸素によって、身体が酸化&糖化してしまい、疲れやすく回復しにくい錆びた身体へとなってしまいます。

怒りでアドレナリンが放出されていると糖分を摂取していなくても血糖値が下がらず糖化が進行します。

酸化や糖化は私たちの身体を錆びさせて老化を進行させてしまいます。

まとめ

images

いかがでしたか?

思い当たるフシはありませんか?

イライラして怒りやすいと自分自身の身体をどんどん不健康に変えてしまいます。

後悔や嫉妬などのネガティブな感情も怒りの一種と考えられます。

ついついイライラしてしまうこともあるかと思いますが出来るだけしかめっ面をしない生活を心がけたいですね。

スポンサーリンク