日焼け止めの選び方

例年になく暑い日が続いており、今後も猛暑が続くことが予想されていますが、日焼けの対策はきちんと出来ていますか?ドラックストアなどで安い日焼け止めを適当に買ったりしていませんか?

いろんな種類が販売されており、どれが良いのか分からない…といった方も少なくないのではないでしょうか?

そんな方のために、自分に合った日焼け止めを選ぶ基準についてご紹介します。

「SPF」の意味

パッケージに記載されている「SPF」とは、日焼けの原因となるメラニンを生成し、皮膚がんの原因になることもある紫外線(UVB)を防ぐ効果を表す指数です。「SPF」の後に記載してある数字は、この紫外線からの影響をどれだけ抑えられるか、というもの。大きい数字であるほど紫外線からの影響を抑えることが出来ます。

「PA」の意味

パッケージに記載されている「PA」とは、シワやたるみ、シミの原因となる紫外線(UVA)を防ぐ効果を表す指数です。「PA」も「SPF」と同様、後に記載してある+の数が多いほど、この紫外線からの影響を抑えることが出来ます。

数値が高いものを選ぶのが正しい?

「SPF」や「PA」の数値が高いものを選ぶのが良いと思っている方も多いようですが、数値が高くなるほど肌荒れや乾燥などのリスクが高くなってしまうので、特に肌が弱い方は注意が必要です。

海やプールなど、屋外で強い紫外線を浴びる場合は数値が高い日焼け止めのほうが良いのですが、通勤通学などの日常生活であればSPF20~30程度、PA+~++程度が目安といわれています。

また、数値の高さは防げる紫外線の量であり、日焼け止めの効果が長く続くというわけではありませんので、日焼け対策のためにはこまめに塗りなおしをしてあげることが大切です。

日焼け止めの種類別の特徴

①クリームタイプ…防水性が高いので海やプールなどで使用する際におすすめです。保湿効果が高いのも特徴。

②ローションタイプ…「SPF」や「PA」は低いのですが、1番肌に優しいタイプなので、肌が弱い方におすすめです。

③ミルクタイプ…伸びが良いので塗りやすく、塗り心地がサラっとしています。

④スプレータイプ…背中などの塗りにくい場所でも簡単に塗れるのが特徴です。

⑤パウダータイプ…メイクの上から使うことのできる日焼け止めです。メイク崩れが気になる方におすすめ。


出典:http://the360.life/

たくさん種類のある日焼け止めですが「なんとなく」で選ぶのではなく、自分の肌や用途に合った日焼け止めを選び、今年の夏も美白を保ちましょう!

スポンサーリンク