曲げわっぱ弁当入門。大切な2つのポイント♪

images

ヒノキやスギなどの一枚板からできている「曲げわっぱ」がナチュラルな魅力で人気急上昇中です。

インスタなどでも最近は見かけることも多くなりました。

なんだか扱いが難しそうな印象もある曲げわっぱですが、ポイントさえ抑えていれば大丈夫です。

使うときに気をつけたい2つのポイントをご紹介したいと思います。

気をつけたい2つのポイント

images
出典:mi-journey.jp

■:お弁当をつめるとき

清潔な布巾を濡らしてふいて使用するか、水で軽く濡らしてから使用しましょう。

そのままの乾いた状態でお弁当をつめてしまうと、曲げわっぱに御飯がくっつきやすくなるだけでなく、油や調味料なども木目に吸い込まれてしまいます。

濡らして使用する際は、水分を軽くふき取ってから使用するようにしましょう。

■:食べたあと

食べた後はすぐに洗うのが理想的です。

洗剤を使用してしまうと成分が曲げわっぱに染み込んでしまうため使用するのはやめましょう。

熱湯はゆがみの原因となるので避けて、50~60度程のお湯で洗い流しましょう。

すぐに洗い流すのが難しい場合は中身を空っぽにして、調味料や油汚れを軽くふき取っておいて、帰宅してからお湯で洗ってください。

まとめ

images

曲げわっぱは、使い込むことで味わい深くなり馴染んできます。

使わないときでもしまい込んでしまうのはもったいないです。

お茶菓子やティーパックを入れて使用するなどして、生活の中に取り入れて深みを出していきましょう。

曲げわっぱ弁当入門。大切な2つのポイント♪
この記事をお届けした
IroNeta [イロネタ]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク