月の満ち欠けを意識した美容法とは?

images

月の満ち欠けによって暦が生まれました。

「新月」に始まり月は満ちて「上弦の月」となり、更に満ちて「満月」を迎えたことを境に今度は欠けていきます。

やがて「下弦の月」となり、更に欠けて「新月」へと戻り、そのサイクルを繰り返します。

その周期はおよそ29,5日で、肌のターンオーバーや月経の周期とほぼ重なっている事が分かります。

月の満ち欠けは、潮の満ち引きとも深く関係してるといわれており、私たちの体内の水分も潮の満ち引きと同じような影響があるとされています。

そんな月の満ち欠けのサイクルを意識して美容に繋げてみませんか?

月のサイクルに合わせた美容法

images

■:新月は再生と浄化のパワーが高まります

体内の毒素排出しようとする力が最も高まる日です。

新月の日に月光浴をすると心身ともに浄化された気分を味わえます。

新しいスキンケアアイテムを試したり、新たな美容習慣を始める日に最適な日です。

新月は排出するパワーが強くなっているので、潤い不足しがちになります。

潤いを保つための保湿ケアは十分に行いましょう。

ダイエットや新たなマッサージを導入したり、プチ断食するのにも適した日です。

■:上弦の月は吸収力が増します

右側半分が満ちた状態を上弦の月といいます。

新月から満月に向かっていく期間は、栄養や美容成分などをぐんぐん吸収しやすい期間とされ「アクティブ期」と呼ばれています。

この期間に、お肌やボディーにたっぷり保湿をしてあげるなど、栄養を与えると効果的です。

美容の効果が得られやすく取り込む力が増している時期なので、パックや美容液の吸収も高まります。

揚げ物やお菓子など食べすぎると、太りやすいという時期ともいえるので、栄養バランスに気をつけた食事を心がけましょう。

■:満月はパワーが最大になります

栄養吸収力が最大になる満月の日は、エステなどスペシャルケアをするのに最高の日です。

美容院でヘッドマッサージを受けたり、湯船にアロマを垂らすなど、リッチな気分を味わうのに最適な日です。

エネルギーが最大になることで、心も不安定になりやすい時期です。

活動的になる時期ですが、リラックスすることも心がけたい時期です。

食品添加物を吸収しやすくなる時期でもあるので、暴飲暴食には気をつけましょう。

■:下弦の月はデトックス力が高まります

新月に向かって欠けていき、半分欠けた状態を下弦の月といいます。

体内に溜め込んだ老廃物などを排出していくのに適している時期です。

ゆっくり半身浴するなど、デトックスすることに意識をおいてみましょう。

運動をしたり、リンパマッサージ、ピーリングなどに効果的な時期です。

浄化力が高まっていますから白湯を飲むこともお勧めです。

まとめ

images

月のリズムを意識した生活をしていると、満月の日に自然と生理が来るようになるなど、自然のサイクルに体が同調している事を感じられるようになるといわれています。

夜空を見上げて月のサイクルを意識してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク