柿の栄養価が気になります。どれほどの実力があるのでしょうか?

images

「秋が赤くなれば医者が青くなる」ということわざを聞いたことはありますか?

「柿を食べる事で病気にならなくて済むので医者が必要なくなる」という意味があると言われています。

どれほどの実力があるのか気になります。

さっそくその実力に迫りたいと思います!

images

■:渋柿と甘柿

柿に含まれるタンニンは水溶性で、食べるときの唾液で渋さに繋がります。
甘柿は熟するに連れてタンニンが水に溶けにくくなるため甘く、渋柿は、熟してもなかなか渋みが取れませんが、干し柿にすることで甘く食べられます。
柿に含まれるタンニンはアルコール成分を分解するため二日酔いの回復に効果的とされています。

■:ビタミンC

強い抗酸化作用があり、コラーゲンの生成を助けます。
柿には豊富なビタミンCが含まれており、1日にひとつの柿を食べると1日に必要なビタミンCは取れてしまうと言われています。◎
しかし、干し柿にしてしまうとビタミンCは壊れてしまいます。

■:ビタミンA(β-カロテン)

果物にはあまり含まれていないとされる、ビタミンAが比較的豊富に含まれており、干し柿にすることによって更に2倍の量になると言われています。
強い抗酸化作用があり、ビタミンCと同時に摂取する事で相乗効果によって肌荒れ改善効果が期待できるようです。

■:食物繊維

水溶性のペクチンという食物繊維は、コレステロール値を抑制するため、ダイエットや便秘解消にも効果的です。

■:カリウム

利尿作用が強いため、身体に不要なものを外へと排出してくれます。
塩分を排出する効果も高いため、高血圧の方にも効果的と言われています。

!!注意点!!

柿は、寒性の食べ物です。
食べ過ぎると体を冷やしてしまいますので、冷え性の人や貧血気味の方は、あまり食べ過ぎない方がいいかもしれません。
どんな体質の方でもいえることですが、バランスの摂れた食事が重要ですから食べ過ぎには注意しましょう。

まとめ

images

医者要らずと言われるほどの実力がある素晴らしい果物である事が分かりました。

果実部分のみ楽しむだけでなく、柿の皮やへたは薬効効果を楽しむことができます◎

捨てずに干して自家製のお茶として余すことなく堪能できますので、柿を食べる際には全てを頂くと良いですね♪

スポンサーリンク