梅干の効果効能とは?

images

昔ながらのお弁当として、白いご飯の真ん中に梅干を乗せた”火の丸弁当”が親しまれてきました。

梅干は殺菌効果や抗菌作用に優れているので、お弁当に入れることで食中毒を防ぐなど、とても理にかなっています。

日本人には昔ながらの食材として親しまれてきた「梅干し」の効能についてご紹介します。

  

■:梅干に親しんだ歴史

images

梅干は、奈良時代から食べられていたと考えられており、平安時代になると”薬”として塩漬けにしたものが中国より伝わります。

やがて、鎌倉時代には縁起物として親しまれ、深く生活に浸透し、疲労回復などの効能は既に知られていたと考えられます。

こうして現在にまで伝わる伝統の食べものは、今も日常的な食べものとしてだけでなく「うばい」と呼ばれる漢方として使用されています。

  

■:梅干しの効能

●解熱作用

●抗菌作用

●疲労回復

●ガン予防

●口臭予防

  

■:インフルエンザ予防

真冬に猛威を振るうインフルエンザさえも撃退する効果が期待できます。

抵抗力が落ちる寒い季節のインフルエンザの予防にも積極的に取り入れるようにしたいですね。

  

まとめ

images

しょっぱい梅干が苦手な方は、甘いハチミツ梅干を選ぶと食べやすいでしょう。

梅干には、口臭予防の効果もあるので、お口の匂いが気になる方にもお勧めです。

  

スポンサーリンク