毛穴の黒ずみには種類がある!自分の黒ずみはどのタイプかチェック


女性も男性も、毛穴の黒ずみで悩んでいるという人は多いです。特に皮脂分泌量の多い鼻の毛穴は目もいきやすい上に毛穴の黒ずみが目立つ部分。皮脂や角質、雑菌が混ざった角栓が酸化することで黒くなり、毛穴にとどまっている状態を一般的には「毛穴の黒ずみ」と認識している人が多いと思います。指先などで押し出せば出てくる角栓。しかしこの黒ずみ角栓がなかなかよくならないと悩んでいる方もいるのでは?実は黒ずみ角栓以外で黒ずんでいるのかもしれません。

●毛穴の黒ずみには種類がある

角栓が酸化した状態で毛穴にとどまっている場合、この角栓を除去することで取り除くことが可能です。しかしそれ以外に簡単に取り除けない毛穴の黒ずみがあります。それは毛穴の縁の色素沈着。よくみてみると、毛穴の周囲が黒ずんでいたりします。この原因としては
紫外線ダメージによるメラニン、また毛穴から角栓を押し出そうとしたため炎症を起こしたことによる色素沈着などです。

●日々のお手入れが鍵

角栓とは違いメラニンや色素沈着は一朝一夕では解決できません。まずは肌の代謝を上げてターンオーバーを正常化すること。また血行促進や美白アイテムを使う、その他日常生活でも規則正しい生活と睡眠、食生活を心がけ、毎日の行動から変えていくことが大切です。また角栓があるからといって皮脂が多く潤っているかといったらそれは間違い。お肌が乾燥していると、逆にお肌が危険を察知して皮脂の分泌量を増やしてしまいます。皮脂はたっぷりなのに乾燥しているとインナードライの状態となり、毛穴は硬く、角栓は取りづらくなります。皮脂量だけに着目せず、まずはお肌がしっかり潤っているのかを確認。水分と皮脂のバランスが整ってはじめて角栓も溜まらずキュッと引き締まった毛穴に近づけるのです。

●それでも角栓が目立ってきた時の対処法

角栓は無理やり毛穴から爪で押し出したりしたくなりがちですが、それは毛穴を傷めて逆に毛穴周辺の黒ずみを生み出すのでNGです。まずは毛穴をやわらかくして角栓が自ら出やすくする環境を整えることが大事です。綿棒にオリーブオイルやベビーオイルなどお肌に優しいオイルを染み込ませて転がすようにやさしくマッサージしてみてください。この綿棒を使う前に、毛穴からより角栓が抜けやすくするために蒸しタオルを使って毛穴を開いているほうがより効果的。
綿棒マッサージ後にはしっかりオイルを落として洗顔、その後は開いた毛穴を引き締める必要があるので冷水や化粧水で入念に保湿をしてください。頑固な角栓はこの方法1回では取れないかもしれないですが、数日根気よく続けてみてください。きっと変化があるでしょう。

まずは自分の黒ずみ毛穴のタイプを知って、それぞれ対処法を実施してみてください。毛穴はデリケートな部位。やさしく、傷つけないようにケアすることをお忘れなく。

毛穴の黒ずみには種類がある!自分の黒ずみはどのタイプかチェック
この記事をお届けした
IroNeta [イロネタ]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク