活性酸素が錆びた肌を作って老化を招いてしまいます。

images

はじめに

実は、呼吸しているだけでも、活性酸素は蓄積されています!

肌を錆びさせ、老化させてしまう、いわば「悪者扱い」されている活性酸素ですが、白血球から放出して、強い殺菌力で体内のウイルスや細菌を撃退してくれるバリア機能の役割りを果たしてくれています。

適正な数の活性酸素ならば、活性酸素は私たちの身体に必要な存在なのです。

体内に取り入れた酸素の、約2%ほどが活性酸素となると言われています。

ストレスや紫外線などによって、活性酸素が増え続けてしまうと、あまりにも強い酸化の力で、正常な細胞や遺伝子をも攻撃して、私たちは酸化して、錆びた肌となり老化してしまうのです。

“抗酸化”を意識する事はアンチエイジングの基本です。

酸化から私たちの肌を守ってくれる美容成分をよく知る事も重要です。

抗酸化成分配合の化粧品でエイジングケアしましょう。

images

■:ビタミンC

乾燥や紫外線が細胞を酸化させる原因となりますが、ビタミンCは、自らを細胞の代わりとなり、酸化していくことで、お肌の細胞を守ります。
ビタミンCは、抗酸化作用の他、美白作用、コラーゲン生成作用もあります。

■:ビタミンE

脂溶性のビタミンで、代謝によって生成される活性酸素から細胞を守ります。
脂質に対して強い抗酸化作用を持っているので、血管を拡張して血行を良くします。
くすみ改善作用、老化防止作用があります。
ビタミンCと一緒に摂取することで、更に高い抗酸化作用が期待できます。

■:コエンザイムQ10

強い抗酸化作用を持ち、ビタミンQと呼ばれ、細胞膜を酸化から守ります。
新陳代謝を活発にしてくれる上、心臓機能の改善効果や、肌の老化防止作用に注目が集まり、食事では満足いく栄養量が取れないため、化粧品やサプリメントで摂取すると良いでしょう。

■:アスタキサンチン

カルテノイドの一種で、鮭や蟹などの赤い色素に含まれます。
活性酸素の中でも、シワ改善に対する効果が高く、化粧品にもよく取り入れられている成分です。

■:フラーレン

活性酸素をほとんど無害にするほどの強い抗酸化作用があるとされています。
活性酸素を吸着して肌の酸化を防ぎます。
肌の引き締め効果が高く、シワ、シミ、たるみ、毛穴に対して効果が期待できます。

■:アントシアニン

ブルーべリー、カシス、なす、黒豆などに含まれる、 赤、青、紫の色素に多く含まれる、ポリフェノールの一種です。
抗酸化作用の他、コラーゲン生成作用もあります。

■:ルテイン

カルテノイドの一種で、ほうれん草やケールなどの緑葉野菜に含まれている、黄色色素に多く含まれています。
体内や肌に含まれてる成分ですが、自らが作り出せないため、食事や化粧品で取り入れる必要があります。

まとめ

images

抗酸化作用のある、化粧品や食べ物で、酸化に打ち勝ちましょう。

活性酸素によって“錆”が進行してしまうと、皮膚だけでなく、内臓や骨などもダメージを受け、生活習慣病や、老化、ガンにつながるとされています。

日々の生活で、紫外線対策には気を配り、できるだけストレスを溜めない生活を心がけていきましょう◎

スポンサーリンク