浴衣を着こなそう!一人でも簡単に出来る着付けをご紹介

まずは用意するもの!
・浴衣
・帯
・下駄
・浴衣スリップ
・前板
・伊達締め
・コーリンベルト
・腰紐

夏は浴衣を着て出かけたいけど着付けが分からないと言うあなたのために分かりやすい着付けの仕方をご紹介!
浴衣1
1, 最初にヘアメイクを済ませておき、浴衣スリップを着ます。
必要であればウエストにタオルなどを巻きつけ、補正をします。
浴衣2
2, 浴衣を羽織ります。
ゆかたに袖を通し、背中の縫い目がちょうど背中の中心を通るようにします。
浴衣3
3, えり先をそろえます。
えり先から約20cm上を持ち、軽く持ち上げます。(すその高さはくるぶしまで)
浴衣4
4, 下前を入れ、上前を重ねます。
一旦、腕を戻して、今度は右手(下前)の位置を決め、先ほどの上前の位置になるように、もう一度左手を持っていきます。下前より3~4cm高くなるようにするときれいです。
浴衣5
5, 腰紐をしっかり結びます。
上半身は、だぶついていても構いません。下半身がきれいになるように注意して、ゆかたを固定しましょう。
浴衣6
6, おはしょりを整えます。
身八つ口(わきの下の小さな穴)から手を入れ、手を開いてシワをとります。前だけでなく後ろにも手を回してシワをとって下さい。
浴衣7
7, コーリングベルトを使って衿の乱れを防ぎます。
身八つ口から入れて衿の端を留めます。背中から前に回して、もう片方の衿を留めて固定します。
浴衣8
8, 衣紋の位置、抜き加減を決めます。
衣紋を取ってつめて下さい。背中を下に軽く引っ張ります。こぶし1つが目安です。
浴衣9
9, 伊達締めを上から巻きます。
この状態で帯を結びます。
出典:浴衣結

初めてでも簡単に着れますが何度か練習するとより綺麗に着れますよ!本番の前に何度か練習してみては?

帯の結び方はこちら

出典:浴衣帯の結び方

動画はこちら

you tube

スポンサーリンク