白装束の姿で入浴する古里温泉の「龍神露天風呂」ってご存知ですか?

images

鹿児島県の桜島にある、古里温泉に「龍神露天風呂」という神様のいる露天風呂があるって知っていましたか?

入浴する際には白装束の姿になる必要があります。

「日本三大美人の湯」としても有名で、四季折々の自然美を味わいながら良質な温泉を堪能する事ができます。

さっそくご紹介します。

images
出典:furu-blog.info

■:そもそも古里温泉とは?

古里温泉の起源は天平宝字時代(758~764年)頃にまでさかのぼります。

釈迦の誕生日と同じ日にあたる宝暦5年(1755年)4月8日に名湯として発見されたということから「仏の湯」として親しまれてきました。

ナトリウムを含む、無色透明で無臭、弱食塩味の塩化物温泉です。

胃腸障害や神経痛、腰痛、あせも、痔、切り傷に効能があるとされています。

■:龍神露天風呂の由来とは?

樹齢2百有余年を超える巨木赤禿の樹があり、その根太い幹に強い龍神が棲むと伝えられています。

昭和60年に巨木赤禿の樹を神木と崇め注連縄を張りました。

月に3回(1日・11日・18日)お供え物と心からのお祀りをします。

この露天風呂に縁のあって入浴する人々に龍神さまのご加護をお願いしています。

龍神さまの像を間近で見ながらの露天風呂なんて、なかなかありません。

■:龍神露天風呂は混浴です

龍神露天風呂は混浴です。

馴染みがないという方も多いと思いますが、白装束を着ての入浴なので恥ずかしがる事はありません。

龍神様を奉った鳥居のある神聖な露天風呂で、豊かな自然を味わえるのはとても贅沢です。

目の前には海が広がる絶景です。

家族やカップル、友人同士、男女問わず入れる露天風呂は格別な時間を過ごせるでしょう。

■:注意したいこととは?

月曜日と木曜日の14:30までは、清掃時間となっているようです。

白装束を着ての入浴となるので、冬場に露店風呂から上がるととても寒く、逆に夏場はとても気持ちいいといいます。

足を運ぶ際は、営業時間や天候も再度確認して行くと良いでしょう。

まとめ

images
出典:blogs.yahoo.co.jp

露天風呂は、日本の良さがしみじみ感じられる場所のひとつといえます。

四季を感じながらの入浴は風情がありますね。

日本中に素敵な温泉はたくさんありますが、神様を目の前に入れる露天風呂は多くありません。

一度、足を運んでみてはいかがでしょうか?

白装束の姿で入浴する古里温泉の「龍神露天風呂」ってご存知ですか?
この記事をお届けした
IroNeta [イロネタ]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク