節分とは本来どんな行事なの?

images

節分には、“季節を分ける”という意味が込められています。

“季節の節目を分ける日”が「節分」なのです。

日本には、春・夏・秋・冬の4つの季節があります。

節分は、2月3日というイメージが強いですが、実は年に4回もあるんです。

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前の日が節分にあたります。

■:季節が変化する日

【立春】・・・春に向けて季節が変化する始まりの日(1日前が節分の日)

【立夏】・・・夏に向けて季節が変化する始まりの日(1日前が節分の日)

【立秋】・・・秋に向けて季節が変化する始まりの日(1日前が節分の日)

【立冬】・・・冬に向けて季節が変化する始まりの日(1日前が節分の日)

立春の前日だけ豆まきするのはなぜ?

images

冬から春に変わる、この節目は1年の節目の「大晦日」のような役割りもありました。

節分は、年に4回もあるのに、毎年立春の前日だけに豆まきをするのはこのためです。

豆には、穀物の精霊が宿る神聖なものとされていたため、神事でも古くから用いられてきました。

季節の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられていたため、“魔を滅する”という意味が込められ、「魔滅(まめ)」という漢字が当てられ、「豆まき」をするようになったといわれています。

■:節分は毎年2月3日ではない?

2017年の節分は、2月3日です。

太陽の角度が315度になった日が立春と決められています。

立春は太陽の角度によって決まるので、実は毎年節分の日は前後しているのです。

毎年2月3日であると思っている方も多いようですが、節分の次の日が「立春」なので、稀に2月2日や2月4日になることもあります。

まとめ

images

いかがでしたか?

2月4日は、立春で季節が春へと変化していきます。

この節目を意識することで、心機一転して新たな一年を始めるという方も多いのです。

鬼は夜にやってくるといわれていますから、豆まきは夜に行うのが正解です。

スポンサーリンク