精神が安定する食べ物とはどんなものでしょうか?

はじめに

楽しいばかりの人生なら嬉しいけれど、日々の生活の中で、どうしてもクヨクヨしてしまったり、落ち込んだりしてしまうことだってあります。

精神のバランスをとることが難しく感じてしまうこともあるでしょう。

実は、食生活も精神のバランスと深く関わっています。

精神が不安定だと感じるときは、興奮を抑えるような食べ物や、自律神経を整えるような食べ物を積極的に取り入れていきたいものです。

精神が安定する食べ物とはどんなものでしょうか?
さっそくご紹介したいと思います!

精神が安定する食べ物

images

■:カルシウム

骨を強くする栄養素として有名ですが、神経を落ち着かせてイライラにも効果があるとされている栄養素です。

牛乳、ヨーグルト、チーズ、小魚、小松菜などに多く含まれています。

■:マグネシウム

神経の興奮を抑えて、ストレスやうつ病を軽減する効果があるとされています。

アサリ、しじみ、牡蠣、レバー、アーモンド、ごま、するめなどに多く含まれています。

■:必須アミノ酸

酸精神安定や鎮痛などに効果があるとされるセロトニンの生成に必要な栄養素です。

牛乳、チーズ、肉類、バナナ、納豆、赤身の魚などに多く含まれています。

■:ビタミンB1

糖類は必要な栄養素ですが、糖類ばかり食べていると血糖値が上がり、気持ちが不安定になりやすいとされています。ビタミンB1をエネルギー源とします。

豚肉、鰻、たらこ、小麦胚芽などに多く含まれています。

■:ビタミンB6

たんぱく質の代謝を助けて、神経伝達物質の合成に欠かせない栄養素です。

唐辛子、ニンニク、きな粉、レバー、赤身の魚などに多く含まれています。

■:ビタミンC

ストレスがかかると消費されていくので、積極的に取り入れたい栄養素です。

レモン、キウイ、いちご、白菜、じゃがいも、蓮根などに多く含まれています。

精神が不安定なとき避けたい食べ物

images

■:カフェイン

大量に摂取すると脳が興奮状態になりますので、精神が不安定なときは摂りすぎに注意しましょう。

カフェイン、緑茶などに多く含まれています。

■:糖分の多い甘いお菓子

糖分がたくさん含まれた食べ物は、血糖値を急上昇させ、そして急降下させてしまい、その結果精神を不安定にしてイライラを引き起こしてしまいます。
空腹時の甘いお菓子は危険です!

ケーキ、ドーナツなど。

■:トランス脂肪酸

加工油脂をつくる工程で出来る脂肪酸で、イライラしたり攻撃的になると言われており、摂りすぎには注意が必要です。

マーガリン、ショートニングに多く含まれています。

■:添加物

食品を加工する際に添加される食品添加物は、科学人口物質で、摂り続けると気持ちが沈みやすくなると言われています。

加工食品、コンビニ弁当に多く含まれています。

まとめ

images
精神が不安定なときは、体内で気が滞っている状態と言われています。

食べるものにも気を配ることも大切ですが、気分転換に身体を動かしてみたり、ゆっくり湯船に浸かったり、お気に入りのアロマで癒されたりして、精神を安定させて、気を巡らせていきましょう!

気持ちがどうしても安定しないときは、ガマンせず周りの人を頼り、相談するのも有効です◎

精神が安定する食べ物とはどんなものでしょうか?
この記事をお届けした
IroNeta [イロネタ]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク