美肌をつくる栄養素と、その働きとは?

美肌になるために、スキンケアだけに力を入れても、お肌に良くない不健康な食事をしていては、美肌から遠ざかってしまいかねません!

口から直接取り入れる食べ物の栄養素が、美肌に深く、関係しているのは承知と思います。
では、具体的にどんな栄養を取り入れたら、どんな風に美肌に作用するのでしょうか?
どんな栄養素をとれば、美肌になれるのか教えちゃいます♪

images

■:ビタミンA

●ビタミンAは、肌荒れを防ぎます。
●ビタミンAが不足すると、お肌の保湿機能が低下してしまいます。

ビタミンAが含まれている食べ物:レバー、牛乳、卵、うなぎ、すじこ

■:ビタミンB2

●ビタミンB2は、皮膚の血液の循環を促して、お肌の代謝を上げ、肌の発育を促します。
●ターンオーバーの周期に剥がれ落ちるべき角質が、きちんと剥がれてくれます。

ビタミンB2が含まれている食べ物:のり、卵、牛乳、レバー

■:ビタミンB6

●ビタミンB6は、お肌の代謝を上げると共に、抵抗力を強化します。
●皮膚そのものが強くなるため、ニキビや吹き出物などの肌トラブルを、未然に防ぐ事ができます。

ビタミンB6が含まれている食べ物:肉類、魚類、豆類、卵

■:ビタミンC

●ビタミンCは、コラーゲンの生成を助けたり、メラニン色素がお肌に定着するのを防ぎます。
●お肌にハリがうまれ、シミやくすみが改善されます。

ビタミンCが含まれている食べ物:いちご、キウイ、ブロッコリー、

■:ビタミンE

●ビタミンEは、皮膚の血液の循環を促して、ターンオーバーの働きを助けます。
●アンチエイジングに効果的な栄養素とされており、ターンオーバーが正常だと、ニキビやシミなどの、肌トラブルのできにくい肌となります。

ビタミンEが含まれている食べ物:アーモンド、かぼちゃ、小麦胚芽、たらこ、あん肝

まとめ

images
いかがでしたか?
私たちの身近に、美肌になれる食べ物はあふれているようですね。
これからは、美肌になれる栄養素を意識して、美味しく食べながら、内側から美肌作りしてみては?

スポンサーリンク