酸化や油やけしにくいオイルとは?

images

“オイル美容”という言葉も定着しつつあり、多くの方がスキンケアにオイルを取り入れているのではないでしょうか?

中には、オリーブオイルなどのオイルを肌に直接使用しているという方もたくさんいると思います。

一言で“オイル”といっても、効果や効能などの特徴も違えば、“酸化しやすさ”も随分違いがあります。

酸化しやすいオイルをスキンケアに使用することで、肌が紫外線のリスクを受けやすくなってしまいます。

また、不純物を多く含むオイルは、酸化しやすくなりがちですので、スキンケアに使用する場合は、精製度の高いものを選ぶことも重要です。

images

■:酸化しやすいオイル

酸化しやすいオイルでスキンケアをして、紫外線を浴びてしまうと、「油やけ」に繋がり、くすみや色素沈着のリスクが高まります。

酸化しやすいオイルをスキンケアに使用する場合は、紫外線を浴びる日中を避けて、夜用専用に使う事をお勧めします。

夜のケアに使用した場合、朝の洗顔できちんと落とすことも重要です。

●グレープシードオイル

●月見草オイル

●馬油

●ローズヒップオイル

●ボラジオオイル

●アマニ油

■:酸化しにくいオイル

常温保存をしていても、酸化しにくいという特徴を持つので、比較的「油やけ」しにくいとされています。

いくら酸化しにくいといっても、強い紫外線を浴びてしまえば日焼けに繋がります。

日焼け止めを塗るなどの紫外線対策は忘れず行いましょう。

●ホホバオイル

●アルガンオイル

●オリーブオイル

●スクワランオイル

●ココナッツオイル

●椿油

まとめ

images

酸化しやすいとされていても、精製技術が発展している現代では、酸化しにくいように加工されている場合もあります。

気になる場合は、問い合わせて正しい情報を確認してみましょう。

酸化しやすいかに関わらず、古いオイルや精製度が低いオイルも肌に負担をかけます。

オイルによって、それぞれ特徴も異なるので、肌に合わせたオイルを選ぶと共に、新鮮で精製度が高いものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク