汗をかく人は美肌が多いってホント?

最近とてもあつくなってきてますます汗をかく季節になりました。汗をかくとメイクが崩れてしうことや、不潔に見えることがあるのでなんだか外に出たくないと思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、汗をかくことで美しいお肌が手に入るとしたら?汗をかく人は美肌が多いといわれる理由を調べてみました!

汗と美肌の関係とは?

一般的なイメージだと汗は汚いもの、臭いものといったものだと思います。確かに顔中汗がダラダラ流れている人を見て清潔感を感じることはあまりないでしょう。でも、汗をかくことは代謝が良く、古くなった角質や汚れを流してくれる効果があるため、肌はきれいになるといわれています。

さらに、汗をたくさんかく方は、メイクが崩れてしまう為、すっぴんやナチュラルメイクにしている方が多く、お肌への負担が少ないことも美肌のイメージの一つだと思います。

そして、スポーツ選手のお肌を見ると男女問わずとてもキレイなお肌をしている方が多い印象を受けます。

汗をかくことで老廃物をしっかりと除去出来ているからこそ、美肌になれるといわれるのではないでしょうか?

汗をかけばいいだけじゃない!

しかしながら、ただただ汗を書いていれば美肌になれるのかというとそうではありません。
普段から汗をかかないようにしている方は得に、ベタベタした汗をかいてしまうことがあります。この汗は、お肌の雑菌などと混ざり臭くなりますので、逆に放っておくとニキビや肌荒れの原因になります。

このような汗をかいてしまう方は、すぐにふき取っておきましょう。

しっかりと汗をかく習慣をつけている方は、サラサラとした無臭の汗が出ますので、このような汗はしっかりと老廃物を流してくれる良い汗といえるでしょう。

良い汗をかけるように普段から汗をかくように運動を心がけましょう。

汗の臭いにおいは食べ物のせい?

もともと汗は無臭と言われています。ですが、食べ物や飲み物によって臭いにおいを放ってしまうことがあるので注意が必要です。

臭いにおいが出てしまう原因として有名なのが、お酒・揚げ物・肉などです。

これらを食べた後に汗をかくと、消化しきらずに体内で発生している腐敗臭が汗と一緒にせてしまうことで、臭い汗をかいてしまうようです。

他にも、カップ麺などのインスタント食品なども、においのもとになる活性酵素を発生させるため、においのもとになるといわれています。

汗をかいた後はケアが大切!

汗はただただかけば美肌になるわけではありません。汗をかいたまま放置していると、汗に含まれる塩分が肌に残りニキビや肌荒れの原因になります。汗をかいた後は、しっかりと洗い流して保湿しておくことが大切です。

最も汚れがたまるのは朝と夜です。

朝は、寝ている間にかいた汗や皮脂がたっぷりついており、夜は一日かけてついたメイク汚れや汗、皮脂などが顔中にたっぷりついているので、クレンジングや洗顔でしっかりと洗い流しましょう。

日中顔を洗うときは、肌バリア機能に必要な皮脂まで落としてしまわないように、ぬるめのお湯でサッと洗い流すのがオススメです。

まとめ

汗をかくことで老廃物を排出してくれるため、たっぷりとかいたほうがいいでしょう。しかし、べたついた臭い汗はすぐにふき取りきれいにしておかなければニキビや肌荒れのもとになりますので注意が必要です。

そして、汗をかいた後はしっかりと洗い流してケアしておかなければいけません。

夏は汗を自然にかくことが出来る季節ですので、たっぷりかいて美肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク