危険な熱中症から身を守ろう!

猛暑が続く中、多くの人が熱中症により倒れており、不幸なニュースを目にしたりします。
だからこそ、しっかりとした対策をとっておかないといけません。そこで、熱中症対策の中でも簡単で効果的な方法を調べてみました。

熱中症の症状は?

初めに熱中症の疑いがある場合、めまいや立ち眩みといった症状が出ます。この症状が出たときに顔の火照りを感じるようであれば、熱中症の初期サインだと思ってください。この段階で対処できれば大事にはならないでしょう。

次に、筋肉の痙攣や痛み、吐き気などの症状が出た場合は危ないと思ってください。そこから汗が出なくなっている場合は非常に危険です。脳の機能が正常に働いておらず、寒さを訴える場合もありますので、すぐに病院へ連れていきましょう。

熱中症対策は?

最も簡単で効果的なのが水分補給です。しかし、水やお茶などでの水分補給はおなかにたまるだけで吸収が遅く効率が悪いので、塩分・糖分を含んだスポーツ飲料を飲むことが大切です。

塩分をしっかりと取っておくことはとても大切なことです。汗をかけばそれだけ水分と一緒に塩分も失っているので、熱中症飴などの塩分の高い飴をなめることでしっかりと塩分をとっておきましょう。

そして、体調管理も大切です。睡眠不足や、栄養バランスの偏った食事では体が弱くなり、すぐに熱中症になってしまうこともあります。しっかりとバランスの良い食事をとり、ゆっくりと睡眠をとることで疲れを回復させましょう。

睡眠時の環境についても、クーラーをタイマーにしており、室内で熱中症になるケースがふえていますので、快適な温度を保ち睡眠の質を上げることが大切です。

冷却グッズはとっても便利!

最近では、たくさんの冷却グッズが販売されていますので、それらを使用することで熱中症対策を行いましょう。

その中でも、首元を冷やしてくれる冷却グッズを使用するのはとても効果的です。首には太い血管がありますので、首を冷やすことで体全体を早く冷やすことが出来ます。

他にも日差し対策に帽子をかぶっている方も多いでしょう。帽子の中に貼り冷却してくれるシートなども販売されているのでしようしてみるといいかもしれません。

熱中症は大人も子供も関係ない!

子供は元気だから大丈夫ということはありません。逆に症状を理解していないだけ処置が遅れてしまうことがおおいので危険だといえます。こともが少しでも様子がおかしいと感じたらすぐに涼しい屋内などで休ませて水分をとらせましょう。

大人の場合は、疲れや睡眠不足、食生活の乱れが原因で熱中症になりやすい方も多いため、症状が出てきたら無理をせずにしっかりと休息をとることが大切です。

まだ大丈夫やこの暑さなら平気と思って無意識に我慢をしていては症状に気づかずに大事になる場合がありますので、熱いと感じたらクーラーや扇風機を使って快適な環境を作るように心がけましょう。

最後に

昔から有名な熱中症ですが、正しい知識を持っている方は多くないでしょう。症状を見て適切に対処することで自身を守ることができ、周りの人の僅かな変化にも気づくことができますので、しっかりと知識を付けておきましょう。

だんだんと最高気温が高くなってきていますので、外にいる時間の長い人は特に熱中症対策を心がけて快適に夏を過ごしてほしいと思います。

危険な熱中症から身を守ろう!
この記事をお届けした
IroNeta [イロネタ]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク