酵素不足による体への影響とは?

酵素を直接取り入れることが出来ることで人気の酵素ドリンクですが、酵素が不足すると体にはどのような影響が出るのかご存知でしょうか?酵素不足の人は痩せにくい体になるというのは有名ですが、それ以外にも様々な症状があるので、知っておくことで酵素不足を早い段階で改善できるかもしれません。

酵素の働き

人の体内で行う、消化・吸収・代謝などの働きに欠かせない働きをしてくれるタンパク質のことを指します。しかし、酵素とひとくくりにしていますが、体内には約5000種類もの酵素があるといわれており、それぞれの酵素がそれぞれに特化した働きをしているため、ただ酵素を取り入れると健康になるという認識は正しくありません。

不足している酵素を把握して取り入れることで効果をはっきしますので、酵素ドリンクを飲む場合は、幅広い種類を配合している商品を選ぶことが好ましいでしょう。

酵素が減少する原因とは?

酵素は、乱れた食生活で減少することがあります。

カップラーメンやハンバーガーなどのファーストフードを日々食べている方は得に注意が必要。このような高カロリーで栄養価の低い食べ物は体に良くないといわれていますが、酵素にとっても良くありません。

その理由が添加物です。

添加物は体内にたまりやすく太る原因にもなりますが、酵素の老廃物を体外に排出させる働きによって、この添加物を排出しようとすることで酵素を必要以上に浪費してしまうのです。

そのため、乱れた食生活を続けていくと酵素が減少して、太ったり病気を引き起こす原因になるといわれています。

体に現れる症状とは?

先程、太るという症状は出てきましたが、他にはどのような症状が出るのでしょうか?

便秘

酵素が不足することで、消化の機能が低下していきます。その結果腸の働きが悪くなり、しっかりと排泄することが出来なくなってしまい便秘になるといわれています。便秘になってしまったら体の老廃物がたまった状態がつづきますので、匂いのきつい放屁が出てしまうことや常におなかが張っている状態が続いてしまいます。

冷え性・むくみ

体内の老廃物を循環させて排泄する役目がある酵素の働きが低下することで、手足の末端まで血液が回り切らず冷え性を引き起こします。さらにリンパの流れが悪くなることで、下半身や顔のむくみが目立つようになります。

汗をかきにくくなる

酵素の働きが低下することで代謝が落ちてしまいます。代謝が高ければ、摂取したカロリーをしっかりと消費することが出来て、体内の働きも活発になるので汗をたくさんかくことができますが、酵素の減少によって代謝が低下することで汗をかきにくくなってしまいます。

疲労感や倦怠感

酵素が減少することで、体内の働きがわるくなりますので疲労感が抜けず体がいつも重く感じてしまうようになります。さらに重くなったからでは何もやる気が起きずに倦怠感がでますので、その状態が続くと運動不足や食生活の乱れが悪化してしまいますので、注意が必要です。

まとめ

酵素は体を正常に働かせるために必要不可欠な存在です。この酵素をしっかりと働かせる為の燃料として酵素ドリンクで栄養補給を行うことが様々な症状の改善につながるといえるでしょう。

体の調子がおかしいと感じている方は特に酵素不足を疑った方がいいかもしれません。早い段階で改善することが出来ると生活も楽になりますので酵素ドリンクを取り入れてみるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク