夏バテについて詳しく知っておきたい!

暑くなるとどうしても冷たいそうめんやアイスばっかり食べてしまって食欲がなくなったり何てことありますよね。

この夏バテって実際は何が原因でなるのでしょうか?改善策はあるの?など疑問を調べてみました!

夏バテっていったい何?

暑気あたりなどと呼ばれる体の変調を指す言葉で、胃腸の機能低下や脱水傾向によって引き起こされます。
症状としては、食欲不振や倦怠感があり、食生活の乱れや栄養不足が原因と言われています。つまり、そうめんやアイスばかりを食べていては、すぐに夏バテになってしまうということです。

ちゃんと栄養価の高い食べ物を食べて健康に夏を乗り切りましょう。

夏バテになる原因とは?

実は、夏バテになる最大の原因は屋内と屋外の気温差です。

暑くてジメジメした外を歩き回った後、クーラーのきいた涼しい屋内へはいる、この急激な温度変化に温度調節がうまくできず、自律神経のバランスが崩れてしまうことで、夏バテの症状が出ます。

他にも、冷たい飲み物をがぶがぶ飲んでいると胃腸機能の低下・体温の低下につながり、食欲不振になってしまうため、体力の回復もできず、倦怠感が付きまとうのです。

意外な夏バテ防止策とは?

夏バテを防止する為には、栄養バランスの整った食事やしっかりとした睡眠、水分補給などの健康面での策が多いと思いますが、実は食事をする際に、夏バテ防止の効果的な食べ方があるのです。

それは、よく噛んで食べることです。

胃腸の機能低下も倦怠感も、自律神経のバランスが乱れることで起こる現象ですが、それとよく噛むことがどうつながるのかと疑問に思う方も多いと思います。

ですが、よく噛むことは自律神経に直接働きかけることが出来るため、噛めば噛むほど自律神経を刺激することができます。そして、バランスの乱れが収まったなら他の症状も収まっていくということ。

食べ物ではなく食べ方にも対策があるので試してみましょう。

夏バテに効果的な食べ物!

枝豆

ビールのお供として大人気の枝豆。塩を付けて食べることで塩分も摂れて、ビタミンB群やビタミンCも豊富に含まれているため、食欲がなくても食べられる栄養価の高い食べ物です。

レバー

鉄分、タンパク質、ビタミンB群、ミネラルなどが豊富に含まれているため、夏バテに効果的。家庭ではあまり出ない食材かもしれませんので、外食の際にぜひ食べて体力を回復しておきましょう。

他にもいろいろ

なすやピーマンなどの夏野菜は水分が多く火照った体を冷やすのに最適です。野菜は栄養価が高いものが多いため、豊富な栄養素を摂取できるので食欲不振に効果的です。

最後に

夏バテをする前にしっかりと栄養価の高い食べ物を食べて体力を回復させておくことが大切ですが、夏バテになってしまってからでも、ちゃんとした食事をしていれば回復しますので、だるさに負けてそうめんやアイスばかりを食べずに夏を乗り切りましょう。

ちなみにそうめんは低カロリーでダイエットに効果的なので、アレンジをしたり栄養価の高い薬味を使って食べると夏バテ防止にも効果的かもしれません。

スポンサーリンク