冬だけじゃない!夏の冷え性について

冷え性と聞くと冬のイメージが強いですよね。そもそも外の温度自体が低いため、冷え性の方は手足の先が氷のように冷たくなってしまいます。では、なぜ外の温度が高い夏に冷え性がおこるのでしょうか?

油断できない夏の冷え性について調べてみました。

冷え性とは?

病気というわけではないのですが、手足の末端が温めらず、常に冷たく感じている症状のことを言います。

特に痩せている人に多く見られる症状で、体をめぐる血液が末端まで行き届かず冷えてしまい、靴下や手袋で防寒してもあまり効果は見られません。

冷え性がひどくなると、手足が荒れてしまいあかぎれやしもやけのような症状が起こります。このような症状の思い方は病院で診てもらうことをお勧めします。

他にも、乾燥や痒み、痛みなどの症状もあらわれるので、ケアが大切です。

なぜ夏に冷え性?

夏は外の温度も高く汗ばむ時期ですので、冷えとは無縁のように感じますが、冷房の効いた涼しい屋内に長時間いる方や、夏バテ気味で冷たい飲み物や食べ物を多く摂っている方には、注意が必要です。注意して見ると、コンビニ・スーパー・飲食店など街のいたるところに冷房の効いた場所があります。

他にも、かき氷やアイスクリームを好んで食べる時期でもあり、体内の温度が低下してしまうことも原因として上げられます。こういった冷えを感じる空間に長時間いると体が寒いと感じるようになり、体温を維持するために血管を収縮させてしまうので、夏に冷え性を起こしてしまうということです。

夏に気を付けたい冷え性対策!

夏の冷え性対策として気を付けておきたいことを調べてみました。

食事や飲み物

夏になるとどうしても、そうめんや冷やし中華などの冷たくておいしい食べ物が増えてしまいます。しかし、冷たい食事を食べてばっかりでは、体温が低下してしまいますので結果として冷え性を引き起こしてしまいます。冷たい食べ物を食べた後は、温かい飲み物で体を温めたり、温かい食事をしっかりととることで冷え性を予防することが出来ます。

室内温度

会社や外出先では、なかなか温度調整をすることはできませんが、家にいるときはあまり温度を下げすぎず、28°程で扇風機などをつかって室内全体を冷たくするのがいいでしょう。外出先や会社と同じ温度にしてしまうと体が冷えてしまいますので注意。他にも温度調節が難しい場所で羽織れるようにカーディガンなどを常備しておいても効果的です。

お風呂でしっりと温まる

暑い夏はシャワーで終わらせて早くクーラーの効いた部屋に戻りたいと考える人はとても多いでしょう。しかし、それでは体はしっかりと温めることが出来ませんので、週の数日は湯舟に使って体を芯から温めてあげるようにしましょう。

まとめ

冷え性は、冬だけでなく夏の環境でも起こる症状ですので、対策はしっかりとしておきましょう。これまで気にしていなかった方はすでに冷え性になっているかもしれません。手足に冷え以外の痒みなどが表れている場合は、病院で診てもらうことをお勧めします。健康を維持するためにも、体をいたわって生活していくことが大切ですね。

スポンサーリンク