知らないと損するクレンジングとシミの関係

使い続けるほどに、クレンジングでシミを洗い流せる!という夢のような商品があれば誰しも飛びつくかもしれませんが、シミは肌の奥深くにありそう簡単には取れません。むしろその逆、毎日のクレンジングでシミを増やしているのかもしれない事実、ご存知ですか?

  • 必要以上のクレンジングはダメ

お肌はとってもデリケート。肌を擦り過ぎるとメラノサイトが刺激され、シミの原因であるメラニンが作り出されます。メラノサイトは肌を守るために防御反応としてメラニンを増やしてしまうのです。日焼けをした時肌が黒くなるのはそういう理屈です。

クレンジングの場合、メイクがなかなか落ちないと時間をかけてしまい肌への摩擦が増えて結果的にシミを増やしてしまいかねません。また、通常クレンジングはメイクと馴染ませることで浮き上がってくるため、肌を強くこすることは厳禁です。

拭き取りメイクシートなどの拭き取りクレンジングは、さらに肌との摩擦を生みます。どうしても・・・という時だけ使うほうが無難。お肌のためにはおすすめしません。

  • クレンジングの脱脂力に要注意!

クレンジングはメイクを落としやすいように界面活性剤やオイルが入っているものもあります。そういったクレンジングはすっきり、さっぱりメイクと馴染んで素早く落とすタイプで人気がありますね。しかし注意したいのは、その強い脱脂力。必要以上にお肌の潤いを奪ってしまいかねません。お肌は乾燥するとシワ、シミの原因に。あくまでクレンジングは余分な皮脂やメイク汚れを落とすもの。洗い上がりはしっとり、が実感できるものを選んでください。「メイクが落としきれていないのでは?」と心配しすぎて過剰なお手入れにならないように気をつけてください。

  • メイク落ちが悪いとシミになる

落としすぎはよくない、とは逆の場合もやはりシミになります。メイク汚れが残っている、またはひどい時にはメイクを落とさないまま寝てしまう。この状態はお肌が呼吸できず、また汚れが乗ったままの状態。お肌のターンオーバーが乱れ、肌が正常なサイクルで再生できないためシミの原因になります。かといって強い洗浄力のクレンジングを使えば肌のバリア機能が低下してシミの原因に。クレンジングとシミには思っている以上に深い関係があることがわかります。

  • こんなクレンジングがシミ予防にはいい

上記を踏まえた上で、シミを作らないクレンジング剤を選ぶことが大切です。クレンジングには種類があり、オイルクレンジング、ミルククレンジング、ジェルクレンジングなどは肌質やメイクの濃さ、また成分面での機能性をよく考えて買いましょう。シートタイプはあくまで非常時にだけ使うような気持ちで。ポイントメイクはできればクレンジングの前に落としていたほうが汚れをお顔全体に広げないのでおすすめです。

またクレンジング時間はできるだけ短時間で。マッサージをするように時間をかけて汚れを顔に広げることはおすすめできません。すばやくスルっと落とす。その後のスキンケアに時間をかけたいものです。

知らないと損するクレンジングとシミの関係
この記事をお届けした
IroNeta [イロネタ]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク