スムージーは飲み方を間違えると太る?

置き換えダイエットの定番と言えばやはりスムージーでしょう。しかし、このスムージーダイエットは、何も知らずにただ一食置き換えているだけでは、痩せるどころか太ってしまうことがあるので注意が必要。そこで、効果的にスムージーを飲むための方法を調べてみました。

スムージーで太る原因は?

スムージーは見た目が鮮やかでドロッとしているため、甘くて飲みやすいイメージを持ってしまうこともあるかと思います。実際に粉末タイプのスムージーなどは、飲みやすいようにおいしく作られているので、飲む側としても続けやすいですよね。

しかし、自作で作るダイエットスムージーは甘味要素を入れないで作ることがほとんどですのでおいしくないスムージーになります。そこで、おいしく飲むためにフルーツを加えるなど、手を加えてしまうと無駄に糖質を摂取してしまったり、気付かないうちにデザートスムージーになってしまっている何てこともあります。

このように素材として使う食べ物の相性などでダイエットに不向きなスムージーを飲んでしまっていることが原因だと言えます。

置き換えなら大丈夫じゃない?

置き換えダイエットはそもそも1食を低カロリーに置き換えることで1日の総摂取カロリーを抑えることが目的ですので、そこに甘くおいしく作ったスムージーを飲んでしまうと、ついつい飲みすぎてしまうことで摂取カロリーが増えてしまいます。

さらに、夜を甘いスムージーに置き換えてしまうと代謝が落ちている時間帯なのでせっかくの我慢があまり意味をなさなくなってくるなんてこともあります。

甘くておいしいデザートスムージーを置き換えに使っている方は、せっかくの置き換えダイエットの効果を感じられず、リバウンドしてしまうこともありますので、結果として太ってしまうケースが多いようです。

まずいのじゃないと意味がない?

低カロリー=まずいということはありません。今では様々な方がスムージーのレシピを公開してくれているので、好みに合った組み合わせを見つけて実践していけば、おいしくて効果を感じられるスムージーを作ることが出来るのではないでしょうか。

しかし、柑橘系の果物をふんだんに使ったスムージーは、紫外線によって体内で有害物質に変化する成分が多く配合されてしまうので、メインは葉物のグリーンスムージーがオススメです。

まとめ

スムージーを使って置き換えダイエットをしても太るというのは、甘くておいしいデザートスムージーを置き換えに使用していることが主な原因だといえるでしょう。まずいスムージーを飲まないといけないというわけではなく、ダイエットに効果的かつ自分の好みに合った味のスムージーレシピを見つけて実践することが健康的に痩せる方法だということではないでしょうか。

スムージーは飲み方を間違えると太る?
この記事をお届けした
IroNeta [イロネタ]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク