食べて痩せるダイエットで無理なく痩せよう!

ダイエットと言えば食事制限と運動!これが一般的に言われおり、流行りのスムージーダイエットや酵素ドリンクなども置き換えがメインの食事制限だと言えます。なので、やはり継続が難しい、、、食べながら痩せれる方法は無いのか、、そう思っている方も多いと思います。

そこで食べながら痩せられるダイエットについて調べてみました。

なぜダイエットは食事制限と運動なのか?

太る原因として上げられるのが過食と運動不足です。つまり、摂取カロリーが消費カロリーを上回ることで消費しきれなかったカロリーが体にたまり太ってしまうということ。そこで単純に摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やしてしまうと考えたのが、ダイエットの基礎となる食事制限と運動です。

しかし、食事制限も無理に食べないことを繰り返すと、体が飢餓状態に陥り栄養をため込もうとしますので、結果としては太りやすい体質になってしまいます。運動に関しても、長時間おこなうのは時間がないため、短時間で効果を得られる筋トレを行いがちですが、短時間で行う筋トレは無酸素運動になりますので、ダイエットとしては非常に不向きです。

方法が間違っているのであれば、どれだけ過酷な食事制限と運動を行っても思ったように効果が得られないということを覚えておいてください。

食べて痩せることはできるの?

おなか一杯食べて痩せると聞くと夢のような話に聞こえますが、あることに気を付けていれば必ず痩せることが出来ます。

それは、食べ合わせとメニューです。

太ってしまう原因に過食がありますが、これは量ではなくカロリーの問題です。例えば、ジャンクフードやカップラーメンといった栄養価が低く高カロリーの食事を続けていては、間違いなく太ります。しかし、栄養価が高く低カロリーの食事であれば、おなか一杯食べていても総摂取カロリーは逆にすくなくなりますので、着実に痩せていくということです。

他にも高カロリーの揚げ物を食べるときは、炭水化物を控えて燃焼効果の高いキムチなどと一緒に食べるようにするなど、食べ合わせを変えるだけで普段の食事に比べて太りにくい食事に変えることが出来ます。

テレビでも紹介されていたのですが、焼肉を食べるときに同量のキムチを食べていれば太らないといわれています。他にも、食事前にたくさんの野菜を食べてから好きなものを食べることでカロリーの吸収を抑え満腹中枢を刺激して早い段階で満足感を得ることで痩せる方法もあります。

食事前にサラダを食べるのは、食べると食べるを合わせたダイエットですね。

食べるタイミングにも気を付けよう!

日中は燃焼率が高い状態ですので、朝食やお昼に好きなものを食べるようにしましょう。燃焼率が高い時に高カロリーの食事をしていれば夜に食べるよりもしっかりと消費してくれますのでお勧めです。

他にも、甘いものを食べたいときは15時が理想です。昔から3時のおやつといわれているなどと言われていますが、人間の体は15時頃が最も脂肪がつきにくい時間帯なのです。この時間帯に脂肪をため込む細胞が最も少なくなるため、他の時間帯に食べるよりも太りにくいので、週一回のお休みの日に15時は甘いものを食べてもいい習慣を作ってもいいでしょう。

食べ過ぎたかもと思ったら!

いくら満腹食べてもいいといっても、毎食苦しくなるまで食べるのは明らかに過食です。腹八分目というように無理のない量を食べるようにしましょう。

少し食べ過ぎたと感じたときは、消化がしっかり完了するまで食事を抑えてあげるのが効果的です。しっかりと消化するのにはだいたい16時間かかるといわれていますので、それまでは少し我慢が必要ですね。

この16時間しっかり消化に使うことを目的としたダイエットが8時間ダイエットと呼ばれるものですので、続けられそうなら高いダイエット効果を期待できますよ。

最後に

ダイエットはいくら楽にできるといっても多少の我慢は必要です。楽なダイエット程時間がかかるので、成果を感じるまでに数カ月の継続が必要になります。逆に短期間でのダイエットは、つらく厳しいものですがすぐに成果を感じることができますので、忍耐力のある方には向いているかもしれません。

しかし、急激な変化にストレスがたまり、理想体重に到達してからダイエットをやめて元の体重に戻るというのも良く聞くはなしですので、食欲の管理を怠らないように気を付けましょう。

食べて痩せるダイエットで無理なく痩せよう!
この記事をお届けした
IroNeta [イロネタ]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク