痩せるためには習慣力が必要?

男女関係なく太っているのは嫌だと感じる方は多いでしょう。自分がなぜ太ってしまうのか、なぜ痩せられないのか、考えるだけでストレスになってしまい、また体重が増えてしまう何てことも、、、

実はダイエットは意気込んでやればやるほど失敗します。

成功する人はすごい精神力を持っている、もしくは目的が明確にある方だと思います。

そこで、ダイエットに失敗し続けた方が成功した方法をご紹介します。

まずなぜ太るのか?

解りやすく説明すると、摂取カロリーと消費カロリーの割合が原因です。
摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまえば太りますし、消費カロリーが上回れば痩せます。

太ってしまう方は普段の生活の中で、代謝と運動量の合計消費カロリーを摂取カロリーが上回っているはず、まずはそこを見直していきましょう。

太りやすい方は、胃が大きくなってしまい、満腹感を感じるのが遅くなってしまうことで摂取量が多くなってしまいます。胃を小さくして摂取量を減らすことを目指しましょう。

摂取量を減らすには?

まずは大きくなってしまった胃を小さくしましょう。

最もストレスを感じにくく実践できるのは、3食の摂取カロリー(およそ2000キロカロリー)を5食に分けて食べることです。食事回数が増える分太るのでは?と思う方もいると思いますが、1日の総摂取カロリーが変わらなければ食事回数が増えても問題ありません。

5食で同じ総カロリーとなれば、1食で食べる量が少なくなりますので、まずはその量を食べることに慣れていきましょう。さらに、体内の消化は意外に消費カロリーが高く、小分けにして食べることで体が常に動いている状態を保てるため、ダイエットに効果的です。

三食にもどす!

少量を食べることに慣れてきたら、次は少量のまま3食に戻しましょう。決まった時間に3食食べるように心がけていれば、体がその時間におなかをすかしてくれるので、総摂取カロリーを減らすことが出来ます。

そして一番大切なのは、おなか一杯食べないということ。

腹八分目といわれるのは、おなか一杯食べることで胃が大きくなるだけでなく、体に負担を掛けてしまうからです。しっかりと適量食べて1日を過ごすことを意識してみましょう。

食生活を見直すだけで体重は確実に変化していきます。

体が軽くなったら運動しよう!

食事を見直して、体が軽くなったと感じたら運動を取り入れてみましょう。

最初からハードな運動をする必要はありませんので、まずは生活の中で取り入れれることを探すことがオススメです。普段エレベーターを使っているのを階段に変えてみる、一駅先まで歩いて電車に乗ってみるなど意識してみることが大切です。

歩くのはとてもオススメです。普段電車で素通りしてしまうところに、知らなかった風景やお店を見つけることが出来て楽しみもあるのでぜひやってみてください。

ここまで来たら後は継続!

食事を改善し、運動を取り入れるようになったら後は簡単!継続していくだけでしっかりと効果が発揮されます。

短期的にやせてしまうと起こるリバウンドは、我慢していた制限がきつすぎることで元に戻してしまったときに吸収率が高くなってしまい、一気に太ってしまうのが原因です。

しっかりと時間をかけて体になじませていけばリバウンドの可能性は限りなく低くなりますので長期継続がと一番簡単で楽だといえるでしょう。

最後に

食事の見直し、運動を取り入れる、これらを継続していくことで長期的に痩せる体を作っていくことが簡単なダイエットだということを書いてきましたが、体重の変化を感じなければモチベーションが下がってしまうという方もいると思います。

毎日体重計に乗って同じ数字を見ているとじれったく感じてしまうのは仕方がありません。

でも、ぐっとこらえて痩せた自分を思い描いてみてください。確実にイメージした自分にむかっているので、無茶なメニューを取り入れたりせずに時間をかけて改善していきましょう。

痩せるためには習慣力が必要?
この記事をお届けした
IroNeta [イロネタ]の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク