肌トラブルに悩まされる冬の対策とは?

images

冬は湿度がグッと下がってしまうため、空気はとても乾燥しています。

冬に肌トラブルが多発してしまうのは、ずばり乾燥が原因です!

お肌が乾燥して、潤いが低下してしまうと、角質層がカサついた状態となってしまい、お肌のバリア機能も同時に低下してしまいます。

images

■:冬の湿度は急降下!

70%ほどの湿度があると、お肌に潤いが保てると言われていますが、9月の終わりごろから次第に湿度は低下してしまいます。

10月に入ると湿度が60%を切ることも増え、11月~2月は最も乾燥が厳しい時期ですが、なかなか湿度は回復せず、5月に入ってようやく回復してきます。

最も乾燥の厳しい2月はなんと45%ほどになってしまうようです。

1年の約半分は乾燥にさらされていると分かると思います。

■:寒さからの影響も!

寒さから血行が悪くなり、新陳代謝が低下してしまうのも肌トラブルの要因です。

新陳代謝が低下すると、ターンオーバーが乱れがちとなり、お肌の古い角質が排出されず、シミやくすみ、シワやニキビといった、さまざまな肌トラブルを招いてしまいます。

ゆっくり湯船につかったり、軽い運動をして血行を促進することを心がけると良いでしょう。

■:とにかく保湿が重要!

乾燥からお肌を守ることがとても大切なこととなります。

クマやくすみ、粉吹きやニキビなど、乾燥が原因でさまざまなトラブルを多発させてしまう冬は保湿に力を入れましょう。

暖房も部屋の乾燥を加速させてしまいますので加湿器で湿度を上げることを心がけましょう。

しっかり保湿をして出かけても帰る頃には乾燥しているなんてこともあるでしょう。

化粧水ミストなどで、こまめに保湿してあげましょう。

まとめ

images

冬の乾燥を甘く見てはいけません。

乾燥によってバリア機能が低下したお肌はとても無防備でデリケートです。

冬の保湿がお肌の美しさを左右するともいえるでしょう。

しっかり保湿をして冬の乾燥に負けない肌を手に入れましょう◎

スポンサーリンク